album-blog

美しい景色に

2011/06/22 (Wed)

5月の中旬、既にひと月ほど前の事となりますが、リュードヴァンの醸造所が完成して1年が経過しました。
IMGP1274k25.JPG
 
昨年は醸造所完成という記念すべき年であると同時に、労力のほとんどを醸造所やカフェを機能させるために費やさなくてはならない一年でありました。
 
その為、葡萄畑では記録的な猛暑の中、適切で十分なケアをしてあげることができず、結果として病害によるダメージを受け収穫量の減少へと繋がってしまいました。
自然相手の仕事で有る以上、当然と言えば当然の結果です。
 
そして2年目を迎えた今シーズン、勿論、十分なスタッフを投入できる余裕は無いのですが、会社の仕組み、仕事の仕方を整えて効率よく機能するように準備を整えて再出発を図っております。
 
私自身もマネージャーである以前に、プレイヤーとしてどれだけ葡萄畑で仕事が出来るか、そして、チームとしてもスタッフと共に如何に良い仕事が出来るかが鍵となります。
いつも馬力を発揮してくれる若きスタッフにも、悪条件を乗り切る為の馬力ではなく、仕事のしやすい環境の中でその馬力を存分に発揮させてあげなくてはなりません。
 
様々な課題をクリアしながら目に見える形として、
今シーズンの目標は、「美しい葡萄畑」 を実現すること。
IMGP1145k25.JPG
勿論それは美しく有ることが目的ではなく、適度に管理が行き届いた、即ち、微生物から動植物までが共生や寄生、共存や生存競争の中で人の手が入った擬似的な食物連鎖で有っても、徹底的に管理された無機質な葡萄畑ではなく、生態系の豊富な葡萄畑を作り出すことによって葡萄が強く健やかに育ち、その結果として調和のとれた美しい葡萄畑に繋がって行くと考えています。
  
梅雨時の湿度や猛暑による高温は葡萄に病害をもたらす菌類など微生物の活動を盛んにします。当然、予防として薬剤の散布を行わなくてはなりません。
しかし、やみくもに薬剤を使うことは、生態系へのダメージのみならず、散布にかかる労力と費用にも跳ね返ります。
 
その為にも枝葉の密度を調整することと適度な除草、そして光合成能力や対病性を高める工夫や病気や害虫の発生元を減らすなど、葡萄が丈夫に健やかに成長できように如何にその条件を整えてあげられるかが求められています。
IMGP1049k25.JPG
 
美しい甲虫も、グロテスクな幼虫も葡萄にダメージを与えます。
IMGP1169k25.JPG 
しかし、大量発生により甚大な被害にならない範囲で有るならば、これまで通り殺虫剤の使用は避けて、作業の中で見つけては潰してゆきます。
薬剤のみに頼ることなく、バランスのとれた労力の掛け方を追求することも重要です。
 
 
・・・まあ、しかし、考えること、実行しなくてはならないことが如何に多くとも、美しい葡萄畑の中で、健やかに成長する葡萄を目にすると、安らぎ、そしてより良い収穫年で有ることを思えば力もみなぎってきます。
IMGP1253k25.JPG
今シーズンもまた、そんな美しい葡萄畑のある景色に、皆様が足を運んでくださればと思っております。  
 
 
以下、いつものように、葡萄畑の様子をご覧ください。
 
 
6月上旬、メルロ
遅い芽吹きにやきもきさせられながらも、ようやく展葉が始まった頃。
IMGP0971k27.JPG
 
中旬にもなれば展葉にも勢いがでてきます。絡みつく巻きひげがかわいらしいです。
IMGP1173k25.JPG
 
開花までわずか、大きく疎らな花芽とやや大ぶりな葉はひらひらと風にそよぎます。
IMGP1177k28.JPG
 
 
ピノ・ノワール。
IMGP0939k25.JPG
土地のせいか、苗木のせいか、他の品種よりも生育が遅れていましたが、
 
今年は力強い蔓に、小ぶりですが、しっかりとした花芽を付けています。
IMGP1165k25.JPG 
良い収穫を期待したいものです。
 
 
そして、ソーヴィニヨン・ブラン。
IMGP1238k25.JPG
他の品種に比べて芽吹きが遅く、いざ芽吹けばその芽数の多さや脇芽の勢いが強く、
マイペースで自由奔放な印象です。 
 
 
シャルドネは成長も早く既に一番上部のワイヤーへ届こうとしています。
IMGP1208k25.JPG
芽吹きの揃い方や蔓の伸び方、全てにおいて素直な感じです。
 
それぞれ個性的な葡萄達も、どことなく枝葉の個性とワインとなった時の個性が重なり合うところが何とも不思議です。 
 
あと三カ月もすれば早いもので収穫期を迎えます。
これから、開花の時期が訪れ、そしていつ明けるのであろうか、うっとおしい梅雨と今年も予想される猛暑。
枝葉の管理は当然のこととして、労力の半分を奪われる草刈に、病害虫や鳥獣への対策。
常に各々のペースで成長を続ける葡萄達に目を配り、インターネットの週間天気予報をにらみながら、作業の分担とスケジュールを考え効率よく、しかもガッツで作業に当たらなければなりません。秋の収穫まで立ち止まることは許されない状態です。
 
とは言っても、今シーズンはプレーヤーとして葡萄畑を暴れまわれることは幸せであり、また、収穫までの数か月間、思う存分楽しもうと思っています。
 
 
* * * * * * * * * お 知 ら せ * * * * * * * * * *

Cafe Rue de Vin (カフェ・リュードヴァン)
土曜・日曜のみ営業
AM10:00~PM5:00
〒389-0506 長野県東御市祢津405
Tel : 0268-71-5973
 
IMGP1135kt26.JPG
 
リュードヴァンの所在地は、地図検索サイトNAVITIMEでも表示されます。
クリック、⇒ NAVITIMEで検索 「リュードヴァン」
 
Googleでは東部湯の丸インターからのルート案内もご覧いただけます。
クリック、⇒ Googleでルート案内

 
IMGP1243kt32.JPG
 
 
㈱リュードヴァンでは株主になってくださる方を募集しております。
ご興味のある方は下記までご連絡ください。 
  
㈱リュードヴァン
〒389-0506 長野県東御市祢津405
Tel : 0268-71-5973 Fax:0268-71-5983
e-mail : info@ruedevin.jp
 
IMGP1279k25.JPG
 
  
* * * * * * * * *  * * * * * * * * * * * * * * * * * * *