online shop

こちらからリュードヴァン各商品を直接ご購入いただけます。
お好みの商品をお選びください。
商品についてのご質問などございましたら、お気軽にご相談ください。

Red Wine

《Les Amis》Merlot

レザミコレクション・メルロ

《レザミコレクション》 メルロ
レザミコレクションとは原料となる果実は信用できるLes Amis(友人)からの厳選された果実を原料として使用したシリーズです。
今回の2020ヴィンテージのメルロは、激しい梅雨時の降水によって収穫量が激減した影響で、自社農園産のメルロ単体でのリリースはございません。

その代わりに、長野県中野市産葡萄を使用したメルロを、《レザミコレクション》メルロとして販売いたします。
勿論、自社農園産のメルロは新商品の「Trio’20(トリオ・ヴァン)」に、カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランと共にブレンドしたワインがございます。
そして、従来どおり好評のヴァンミニヨンシリーズでは長野県松川町産の葡萄を使用した「鶴部メルロ」もございます。

中野市(北信)、東御市(東信)、松川町(南信)と同じ長野県内の葡萄を使用したボルドー系赤ワインを飲み比べてみるのも楽しいかと思います。

生産地
日本 長野県 中野市
ブドウ品種
メルロ
容量
750ml
アルコール度数
12%
¥3600(税込・送料別)

Trio ’21

トリオ・ヴァンテアン

100%自社農園で栽培されたボルドー系赤ワインの新商品として昨年初リリースとなった「Trio」の新しいヴィンテージになります。
リュードヴァンのボルドー系赤ワインと言えば、「メルロ」と「カベルネ・ソーヴィニヨン」。そしてその二つの品種を最良のバランスでブレンドした「ドゥー・ローブ・ヴィオレット」の3つの商品が存在しますが、今回リリースとなりました「トリオ’21(ヴァンテアン)」はメルロとカベルネ・ソーヴィニヨンに新たにカベルネ・フランをブレンドしたワインとなります。

2020ヴィンテージの「Trio’20」のブレンド比率はカベルネ・ソーヴィニヨンを3、メルロを2、カベルネ・フランを1でしたが、

今回リリースとなる2021ヴィンテージの「Trio’21」はカベルネ・フランを主体としたワインとなりました。カベルネ・フランを2、カベルネ・ソーヴィニヨンを1、メルロを1となります。
カベルネ・フラン特有の爽やかなグリーンの香りを前面に出して、バックにはカベルネ・ソーヴィニョンが果実感を、メルロは福よかさと担当して、3つの品種による心地の良いハーモニーが実現しております。

(商品の写真はTrio’20です。)

生産地
日本 長野県 東御市
ブドウ品種
カベルネ・フラン
カベルネ・ソーヴィニヨン
メルロ
容量
750ml
アルコール度数
12%
¥5,500(税込・送料別)
※5,000円(税抜き)

Deux Robes Violettes 2021

ドゥー・ローブ・ヴィオレット 2021

リュードヴァンのボルドー系赤ワインのフラッグシップ、ドゥー・ローブ・ヴィオレットが2年ぶりに2021として帰ってきました。

「Deux Robes Violettes 2018」はメルロとカベルネ・ソーヴィニヨンのブレンド比率は3:2、メルロ主体で果実感豊富でふくよかさが特徴的なワイン。
「Deux Robes Violettes 2019」は、メルロとカベルネ・ソーヴィニヨンの比率は1:3とカベルネ・ソーヴィニョン主体の骨格のしっかりとしたワインでした。
そして、今回の「Deux Robes Violettes 2021」は、メルロとカベルネ・ソーヴィニヨンの比率は1:1。
カベルネ・ソーヴィニョンがとても伸びやかでバランスの取れたヴィンテージであり、メルロは円みの中に、いきいきとした酸味が主張したワインです。ちょうど1:1のブレンド比率がお互いの良い個性を引き出し合って、ボルドー系赤ワインとして心地の良いバランスを実現しております。

長期の熟成に耐えるワインだと思われます。是非ゆっくりと瓶内熟成をさせて楽しみたいワインです。

生産地
日本 長野県 東御市
ブドウ品種
カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ
容量
750ml
アルコール度数
12%
¥5,500(税込・送料別)
※¥5,000(税抜き)

Vin Mignon Petit Pinot

ヴァンミニヨン プティ・ピノ

ヴァンミニヨンシリーズはテーブルワインとして気軽に日常の暮らしの中にあるワインとして企画されたワインです。リュードヴァンのワインのラインナップの中では思い切った低価格帯のワインです。

そしてヴァンミニヨンシリーズに新たにピノ・ノワールテイストの赤ワインが登場となりました。ファーストワインシリーズでは2019ヴィンテージはとても力強いワインとなりましたが、対してこちらのワインは「軽やかなワイン」「低価格なワイン」をテーマに、ピノ・ノワールを主体としながらも、幾つかのワインをブレンドすることでその味わいを実現することができました。

ピノ・ノワールのエレガントさを壊さない程度に、軽やかなメルロなども少々加えてあります。よって商品名には「ピノ・ノワール」とは表記せず、「プティ・ピノ」と名付けました。

常温でも良いですが、少し冷やしていただくとピノ・ノワールらしい骨格も現れてきます。是非、日常のワインとして楽しく飲んでいただけたらと思います。

生産地
日本 長野県 東御市
ブドウ品種
ピノ・ノワール,メルロ
容量
750ml
アルコール度数
12%
¥2,900(税込・送料別)

Merlot 2021

メルロ

春の低温などによる結実不良がおきた年にあって、比較的安定した量の葡萄が実りました。ワインの特徴はミディアムボディで、比較的酸味が豊富なワインとなっております。しかし上質で豊富な酸味はこれから長期の熟成に耐える要素を兼ね備えていると言っていいでしょう。メルロらしい円やかさの中にもしっかりと真の通った印象のワインです。是非、熟成させて飲んでいただけたらと思います。

生産地
日本 長野県 東御市
ブドウ品種
メルロ
容量
750ml
アルコール度数
12%
¥5,280(税込・送料別)
¥4,800(税抜き)

Vin Mignon Tsurube Merlot 2020

ヴァンミニヨン ツルベメルロ

ヴァンミニヨン 鶴部メルロ 2020
テーブルワインとして気軽に日常の暮らしの中にあるワインとして企画されたワインです。リュードヴァンのワインのラインナップの中では思い切った低価格帯のワインです。

2016年、2017年と”レザミコレクション”「友達シリーズ」としてラインナップしていた「鶴部メルロ」。両年共に果実感のしっかりしたフルボディのワインでリュードヴァン・メルロよりもお買い得感のある商品として人気を博しておりましたが、2020年産は少々果実感の軽いワインに仕上がっております。
よって、価格もリーズナブルな”ヴァンミニヨン”シリーズとして販売することとなりました。例えるならばセカンドラベルのような感じのワインとして飲んでいただけたらと思います。

勿論、果実感は軽やかですが、鶴部メルロ本来の柔らかさと、リュードヴァンならではの味わいのバランスは健在です。
今すぐ飲んで頂いても、数年熟成しても十分美味しく頂けます。

先に発売された白ワインのVin Mignon(ヴァンミニヨン)と共に、名前のとおり「可愛らしいワイン」として皆さまに愛されるワインになればと思っております。

生産地
日本 長野県 松川町
ブドウ品種
メルロ
容量
750ml
アルコール度数
12%
¥2,900(税込・送料別)

Pinot Noir 2021

ピノ・ノワール

ピノ・ノワールらしい透き通る美しい色調、可憐な香りと上質な酸味、繊細かつしっかりとした骨格が特徴的。ブルゴーニュ・ルージュを彷彿とさせるニュアンスとこの地ならではの特長を兼ね備えたワインです。

ピノ・ノワール2021の発売です。
是非、大切に熟成させて飲んでいただきたいと思っております。

 

生産地
日本 長野県 東御市
ブドウ品種
ピノ・ノワール
容量
750ml
アルコール度数
12%
¥5280(税込・送料別)
¥4,800(税抜き)

Cabernet Sauvignon 2021

カベルネ・ソーヴィニヨン

新鮮なベリー系の果実と胡椒などのスパイスの香り、シャープで広く深く広がるような骨格と上質な酸味はカベルネ・ソーヴィニヨンらしさと、この地ならでは特長を見事に表現しております。
特にこのヴィンテージは香りのニュアンスが素晴らしく、比較的冷涼な気候の中で果実感と心地よい香りのボリュームが大きく、そのベースとなるワインの素性の良さから、ブレンドワインとしてのドゥー・ローブ・ヴィオレットの主役として個性を発揮しております。

生産地
日本 長野県 東御市
ブドウ品種
カベルネ・ソーヴィニヨン
容量
750ml
アルコール度数
12%
¥5,280(税込・送料別)
4,800(税抜き)