album-blog

Syrah2019 & PinoGris 2019 数量限定販売

2020/03/12 (Thu)

シラーは2010年からワイナリーの隣り、カベルネ・ソーヴィニヨンの畑に、ピノ・グリは2011年から標高の最も高いシャルドネの畑で栽培しております。 共に試験栽培で在るため、単一セパージュでの製品化はしてきておらず、今回初めて少量ではありますが、オンラインショップとカフェレストラン・リュードヴァンでのみ販売致します。

Syrah2019 & PinoGris 2019 数量限定販売。
試験栽培のシラーとピノ・グリが数量限定で発売になりました。

シラーは64本、ピノ・グリは106本と数量も極わずかなため、ラベルも通常ラインナップの商品のようにカラー展開をしておりません。イレギュラーでの販売用に同一デザインのラベルを使用しております。

ワインの特徴:シラーは日本ワインの中ではリュードヴァンらしいとてもバランスの良い仕上がりです。勿論、フランス・ローヌ地方のような力強さはありませんが、スパイシーでフラワリーな香りはシラー種由来のもの。
樽は使用せず、美しくそしてチャーミングなワインとしてまとまっております。

ワインの特徴:ピノ・グリは従来スパークリングワインの原料としてピノ・ノワールの代用または補助として採用出来ないかと試験してきておりました。しかし、今回はスティルワインとして単一セパージュで製品化することを目標に仕込方法を変更して仕上げたものです。
そしてその結果は素晴らしく、力強く芳醇なワインとなりました。色調も美しいカッパーピンク。当社ヴァンムスー・スペシャルの原酒によるピノ・ノワール ”クレール”に通じる味わいです。

外観の美しいワインは味わいも美しい。
まさにそんな二つのワインです。

シラーは今後、御堂地区での栽培の可能性を、
ピノ・グリは、ソーヴィニヨン・ブランと並ぶ品質の高さと生産性のバランスが見込める手応えがあります。未来のリュードヴァンの可能性が感じられるワインです。

価格は、シラー2019、ピノ・グリ2019共に3900円(税抜き)。
販売はオンラインショップまたはカフェレストラン・リュードヴァン限定となります。
また「シラー・ピノグ2019リセット」に限りオンラインショップにて10%割引で販売しております。
https://ruedevin.jp/redshop
https://ruedevin.jp/whiteshop
よろしくお願いします。